Headdress - DOT-Maharashtra Tourism

  • A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

WeatherBannerWeb

असेट प्रकाशक

Headdress

Districts / Region

インド、マハラシュトラ州。

Unique Features

先史時代から、象形文字や彫刻、絵画などに描かれているように、頭飾りは人類の文化にとって重要かつ不可欠な要素でした。これらは、日常生活や儀式において、宝飾品以外の人類の服装の一部で ありました。環境要因、入手可能な原材料、信仰や伝統、ファッションの流行などが、頭飾りのデザインと発展に影響を与えました。頭飾りのデザインには、羊毛、草、布、金属、動物の角、ガラス、宝石、羽、花など、あらゆる種類の素材が使用されます。人工のかつらやベールも、このファッションの一部であります。また、戦時中や悪天候から身を守るために使用されることもありました。マハラシュトラ州のサタヴァーハナ時代の彫刻は、アジャンタ石窟群の絵画と同様に、現代のファッションデザインの古代の源流を描いています。
頭飾りの最初の文献的記述は『アタルヴァヴェーダ』と『シャタパタ・ブラフマーナ』にあり、その言葉は「ウスニーシャ」として言及されています。ウスニシャは、ヤグニャの儀式の際に、適切な年齢で糸の儀式サムスカーラのない人 - 種類とブラティアによって使用されます。シャタパタ・ブラフマナ』には、女王インドラヤニが身につけたウシュニーシャのことが書かれています。紀元前2世紀には、円形の法螺貝の形をした、宝石をあしらった頭飾りが流行しました。この流行は、時代とともに地域全体で変化し続けました。
マハラシュトラ州には、興味深いカラフルなヘッドドレスのディアスポラがあります。丸いパガディは主にバラモンが、丸いパゴテはマラーター、マリ、その他いくつかのカーストが被っていました。サフラン色のパトゥカは、マラーター族の貴族階級が典型的にかぶっています。パガディは常に赤色で、人別に作られ、プレハブでありました。パゴテは長方形、三角形で、プレハブで作られていました。パトカ、フェタ、ティバト、マンディル、バティなどは、マハラシュトラ人の男性が一般に着用するバリエーションに属する名称であります。
フェタには2つの異なるスタイルがありました。パッタは1フィート幅の53フィートの長さの布でできていて、ひだは片側が他よりも大きくなっています。フェタは、片側が少し傾いていて、もう片方の平らな面が耳を覆っています。片方の短い端は房のような形をしており、もう片方の折りたたんだ長い端は肩にかけたままになっています。マラーティー語の口語でシェムラと呼ばれ、このスタイルはマラーティー族やラージプート族の貴族に非常に人気があります。ルマールは12インチ×12インチの正方形の布で、両端はひだの中に入れて見えないようにしたものであります。ルマールは通常キルタンカーが着用しています。

Cultural Significance

マハラシュトラ州には、興味深いカラフルな頭飾りのディアスポラがあります。
  • Image
  • Image
  • Image
  • Image
  • Image