• Screen Reader Access
  • A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

アセットパブリッシャー

ブキアンワリ

観光地・場所の名前とその場所の3,4行の短い説明    
シュリー ・クシェトラ・バグァンガッドは、マハラシュトラ州のアーメドナガル地区にあるバグワン・ババによって建設された古代ヒンドゥー教寺院であると考えられています。

地区・地域    
    インド、マハラシュトラ州、アーメドナガル地区、パタルディテシル。
歴史    

寺院はダウミヤガダと呼ばれる砦の中にありましたが、バグワン・ババによって修復されました。バグァンガッドは、ヴァンジャリー族に人気の巡礼地です。バグワン・ババは、ヴァンジャリーコミュニティーの著名な聖人であり、キルタンカーでもありました。彼はサワルガオンの農家に生まれました。バグワン・ババの本名はアバジです。
バグワン・ババは、マハラシュトラ州のワルカリー教団の有名な聖人です。ワルカリーとは、ワリ(ヴィトール神の所在地であるパンダルプールへの毎年のヤトラ)を行う人のことです。ワルカリーとは、パンダルプールの主神であるヴィトタール(ヴィトバ(クリシュナの一形態とも考えられている)としても知られている)を崇拝する人々のことで、他にもサント・ドニヤネシュワーラヤナムデーヴヤエクナートヤトゥカラムヤガッジ・マハラジなど多くの聖人がいます。

寺院は四つの寺院が集まったものです。中央の寺院はヴィトールまたはヴィトーバ神に捧げられており、他の三つはダウミヤ・リシ(マハーバーラタの僧侶)の寺院、サドグル・ジャナルダン・スワミのサマディ、マハルドラ・ハヌマンであります。
寺院内には、シュリ・サント・バグワン・ババとビムシン・マハラジの大理石の墓があります。
様々なリシにまつわる伝説や、プラーナに登場する人物についての記述が多くあります。

地理    

    アーメドナガルに位置し、ビード地区の境界にあります。
ラケンワラの北側、南側にはサタラの丘があります。

天気・気候    
この地域は、高温で乾燥した気候です。夏は冬やモンスーンよりも極端で、最高気温は40.5度にもなります。
冬は温暖で、平均気温は28から30度です。

モンスーンの季節は季節変動が激しく、この地域の年間降水量は約726ミリメートルです。

やれること
    アーシャディ・エカダシやシヴラートリの際には、ヴリッデーシュワー寺院でヤトラが行われます。
ダサインの時期には、毎年約10,00000人の人々がバグァンガッドに集まります。

近所の観光地    
エローラ石窟群 (117 KM)
モハタ・デヴィ寺院 (29.6KM )。
アーメドナガー砦(81.4 KM)。
ジャヤクワディ・ダム (41.8 KM)。
ジャヤックワディ鳥類保護区(45 KM)。

鉄道、航空、道路で観光地への到着の仕方・距離・所要時間    
最寄りの駅はアウランガーバード駅とアーメドナガル駅(48.8 KM)です。
最寄りの空港はアウランガーバード空港(60 KM)です。
名物料理、特産物、ホテル    
近所の宿泊施設・病院・郵便局・警察庁    

    病院:ディーパック病院(4.5  KM)。
警察署 -コリワディロード警察署(21.7 KM)
郵便局 - (4.2 KM)
近所のレゾートの詳細    MTDCシルディリゾート-(131 KM)    MTDCシルディリゾート - (131 KM)
観光ガイドに関する情報        -
ツアー・オペレーター        
-

訪問に関するルール・訪問の最高の月    
日の出から日没まで開館しています。

地域で会話できる言語    
英語、ヒンディー語、マラーティー語。