• A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

WeatherBannerWeb

アセットパブリッシャー

ボルダム

  • 観光地・場所の名前とその場所の34行の短い説明
  • ボル・ダムは、マハラシュトラ州ワルドワ地区セルー・テシルのボル川にあるアースフィル・ダムです。ボル・ワイルドライフ・サンクチュアリの近くに位置しており、周囲には緑の丘が広がっているため、ピクニックや週末のお出かけに最適です。ジャングルのような緑豊かな環境で、多くの種類の鳥類を見ることができます。
  • 地区・地域
  • ワルドワ地区、マハーラーシュトラ州、インド
  • 歴史
  • このダムは、1965年にマハラシュトラ州政府が灌漑事業の一環として建設したものです。ボル灌漑プロジェクトは、ボル国立保護区と虎保護区に位置しています。ダムの貯水量は127.42 万立方メートルです。ダムの最低基礎からの標高は36.28mで、長さは1158mです。
  • 地理
  • ボル・ダムは、ワルドワ市から約40km離れた場所にあります。ダムの集水域は38.075千ヘクタールです。
  • 天気・気候
  • この地域は一年を通してほとんどが乾燥しており、夏は極端に暑くなります。夏の気温は約30〜40度。
    冬はせいぜい10度まで達します。
    この地域の年間平均降水量は約1064.1mmです。
  • やれること
  • ボル・リザーブ・サンクチュアリを訪れることができます。生物多様性に富んだこのサンクチュアリは、多忙で疲弊した都会の生活からの美しい隠れ家となっています。観光客は、野生生物保護区解説センター(Wildlife Sanctuary Interpretation Centre)とボル・サファリ(Bor Safari)を訪れることで、ツアーを計画することができます。保護区の他にも、この地域には興味深い場所があります。仏教寺院や、美しい玄奘(げんじょう)仏教瞑想センター(Hiuen Tsang Buddhist Meditation Centre)などがあります。また、ボル湖はその景観の美しさから、多くの観光客を魅了しています
  • 近所の観光地
  • ギタイ寺院:ダムから31.4km離れた場所にあり、屋根のないインドでも珍しい寺院です。花崗岩でできた壁だけがあり、そこにギタイ(聖典シュリマド・バグワット・ギータのマラーティー語訳)の18章が彫られています。この壁は豪華な小さな公園を囲んでいます。この寺院は、1980年に阿闍梨ヴィノバによって落成されました。また、アチャリヤ・ヴィノバ・バーベとジャムナラール・バジャイの人生もこの場所で紹介されています。

    ヴィシュワ・シャンティ・ストゥーパ:ヴィシュワ・シャンティ・ストゥーパは、藤井日達(藤井教祖)の野望であり、彼はラシュトラピタM.K.ガンジーに呼ばれていました。ギタイ・マンディールの近くにあります。仏像は仏塔の上に4方向に向かって置かれており、それぞれの方向は仏陀の人生における重要な出来事を表していると考えられています。隣には小さな日本の仏教寺院があり、広大な公園があります。

    マガン・サングラハラヤ:1938年にラシュトラピタM.K.ガンジーによって開設された博物館です。この博物館は、村の科学センターの近く、マガンワディにあります。この博物館では、農業、酪農に関する畜産、産業、様々な種類のチャールカー、カディ、農村の職人が作った手工芸品などに関連した記念品を展示しています。

    セヴァグラム・アシュラム(Sevagram Ashram):1936年から1948年まで、ラシュトラピタM.K.ガンジーが居住していた歴史的に重要な場所です。1930年のダンディ・ヤトラの後、ガンジーはサバルマティのアシュラムに戻ることはありませんでした。1930年のダンディヤトラの後、ガンジーはサバルマティのアシュラムには戻らず、2年ほど刑務所で過ごした後、インド国内を旅行し、ガンジー派の実業家ジャムナラル・バジャージの招きで、ワードハ市のジャムナラル・バジャージのバンガローにしばらく滞在した。 

    パラムダム・アシュラム・「ブラフマ・ヴィディヤ・マンディール」:このアシュラムは、阿闍梨ヴィノバ ・バーヴェが1934年にダーム川沿いのパウナーに精神的な目的で設立したものです。それと同時に、彼はここにブラフマ・ヴィディヤ寺院アシュラムを設立しました。アシュラム建設のための発掘調査では、多くの彫刻や偶像が出土しましたが、これらはアシュラムに保管されており、訪問者はそれらを見ることができます。

    ケルザール・ガンパティ・マンディール(Kelzar Ganpati Mandir):ワーダからナーグプルに向かう途中、約26kmのところにあります。この寺院は丘の上に位置しており、ボル国立タイガー保護区や鳥保護区の近くにある森や丘の景色の美しさを提供しています。また、この場所は神話的にも重要な場所で、マハーバーラタにも登場しています。
     

  • 鉄道、航空、道路で観光地への到着の仕方・距離・所要時間
  • ムンバイ758KM(15時間24分)、プネ662KM(13時間33分)、ナーグプル72KM(1時間32分)、アコラ234KM(5時間1分)、アムラバティ125KM(14時間7分)などの都市から定期バスが出ています。最寄りのバス停留所はヒンギ (Hingani)で、距離にして約5kmです。ムンバイ、プネー、ナーグプルからは、州交通機関バスで簡単に行くことができます。
    最寄の空港 :ドクター・ババサーヘブ・アムベドカー国際空港(ナーグプル)まで65KM(1時間20分)。
    最寄の駅はワルダー35 KM (50分)のところにあります。
  • 名物料理、特産物、ホテル
  • この街の典型的な土着料理は、主に米とバークリ、チャパーティ、ガーディチ・ポリなどのパンをベースにしています。ウプマ、ヴァダ・パヴ、チヴダ、ポハなどは最も重要な料理です。ワーダで有名なスイーツやデザートには、プーラン・ポーリ、モダク、ガーディチ・ポリ、グラーブ・ジャムン、ジャレビ、ラッドゥ、シュリーカンドなどがあります。
  • 近所の宿泊施設・病院・郵便局・警察署
  • ボル・ダムの近くには様々なホテルやリゾートがあります。
    病院はボル・ダムの近く、約31 KM (44分)です。
    最寄りの郵便局は、約5 KM(10分)です。
    最寄りの警察署は、16.5 KM(28分)の距離にあります。
  • 近所のMTDCレゾートの詳細
  • ボル・ダム、ワルダーの近くにMTDCリゾートがあります。
  • 訪問に関するルール・訪問の最高の月
  • ボル・ダムは絶好のピクニック・スポットです。ここを訪れるのに最適な時期は、雨季と冬のシーズンです。ボル・ダムはボル・タイガー保護区に囲まれています。1年のどの月でもこの保護区を訪れることができますが、4月から5月はボル野生生物保護区を訪れるのに理想的な季節です。
  • 地域で会話できる言語
  • 英語、ヒンディー語、マラーティー語