Cashew - DOT-Maharashtra Tourism

  • A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

WeatherBannerWeb

アセットパブリッシャー

Cashew

Districts / Region

カシューの栽培は、南コンカーン地方の大部分で行われています。シンドゥドゥルグ県ヴェングルラ県はカシューの生産地として知られています。

Unique Features

ヴェングルラカシューナッツは、2016 年に GI(地理的表示)マークを取得しました。ヴェングルラ・カシューには7種類の品種があります。
  • Image
  • Image
  • Image

Ingredients and Short Recipes

カシューは、果実とナッツが別々に販売されており、それぞれ独自の用途があります。カシューの果実は通常、ジュースやピクルスなど様々な調味料に使われるほか、フェニと呼ばれるお酒の材料としても使われます。カシューナッツは様々な用途に使われ、高い栄養価を有しています。
カシューは商業作物として注目されており、カシューナッツ栽培の発展のために体系的かつ科学的な研究が行われています。1957 年にはヴェングルラに地域果樹局が設立され、様々な品種のカシューが開発されました。GI マークは、この地域の登録農家のみが、この地域でカシューを植え付け、栽培する権利を有することを示すものであります。
マハラシュトラ州は、インドにおけるカシューの主要産地である。シンドゥードゥル県は、カシューナッツの栽培に最適な気候であります。

History

カシューの木は、16-17 世紀にポルトガル人によって初めて持ち込まれました。ポルトガル人は、土壌浸食を防ぐために、まずゴアの海岸線にカシューナッツの木を植えました。その後、徐々に南コンカンとカルナータカ沿岸部の大部分に植林が広がりました。

Cultural Significance

カシューは、ゴアとその周辺地域の宗教的儀式やお祭りの一部に使用されています。また、料理や様々なレシピにも使用されるようになりました。