• A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

アセットパブリッシャー

ゴータラアトラムガットサンクチュアリ

ゴータラ・オートラム・ガート・保護区(カンナド)は、26,062ヘクタールの面積を持つ自然保護区です。1956年にマハラシュトラ州政府によって聖域として宣言されました。熱帯乾燥落葉樹林であり、多様な野生動物、爬虫類、鳥類が生息しています。植物も薬用として珍重されています。主な見所は、ヒョウやニルガイやナマケグマやイノシシやヤマネコなどです。

地区・地域
テシル:  カナード, 地区アウランガーバード、マハラシュトラ州

歴史
ゴータラ野生生物保護区の名前の由来は、市内から数KM離れたゴータラという町にあります。国内で最も美しい保護区の一つであります。この保護区は1986年に政府が現存する動植物の保護区として宣言して設立されました。アンジャンやカイルやダワダなどの乾燥に強い木が豊富にあります。川の谷間には湿った植生があり、サンダルウッドやアルジュナの木の多様性で有名です。また、この植生は渡り鳥の生息にも適しています。河川に近い谷間では、ターミナリア・アルジュナ(通常アルジュンとして知られている)のようなより湿度の高い種が生育しています。最も豊富な樹木の中には、アンジャンやカイルやダワダなどの堅固で中程度の大きさの樹木があり、その中からタンニンやガッティガムが工業用に使用されています。通常の植物には、非常に有毒な植物であるユーフォルビア(ユーフォルビア)が含まれており、その幹のラテックスは、塗料やその他の工業製品の生産に利用することができます。
水路に近い谷間には、インドの繊維ビジネスの鍵となるカイコの餌となるターミナリア・アルジュナ(一般にアルジュンと呼ばれる)のような、より粘着性の高い種が生育しています。
また、血圧や喘息や循環器系や虫刺されや毒物混入など、様々な症状をコントロールする臨床効果があります。
この木からは薬用オイルやエッセンスが抽出され、香水ビジネスと同様に儀式に利用されています。
哺乳類では、チンカラやナマケモノやコウモリやイノシシやジャングルキャットやサルやハクビシンやホエジカやキツネやジャッカルやラングールやあヒョウやニルガイやオオカミなどが生息しています。ここには250種以上の鳥類が生息しています。重要な渡り鳥としては、ツルやヘラサギやコウノトリやトキやヒヨドリなどが挙げられます。クジャクは、ウズラ、ジャングルファウルのような飛べない鳥と一緒にここで多く見られます。爬虫類では、ヘビやコブラやクライトやキールバックバイパーやパイソンやラットスネークやオオトカゲなどが生息しています。

地理
サヤドリスのアジャンサ、サトマラ丘陵にあります。この聖域は、ゴータラ・オートラムガット保護区、ゴータラ・アバハヤラーニャとしても知られています。アウランガーバード市から約72KMのところにあります。

やれること
この保護区では、冒険好きな人のために、ロッククライミングやトレッキングや自然研究キャンプなどのアクティビティを提供しています。また、学生を対象としたジャングル・サバイバル・キャンプも開催されています。事前に森林官の許可を得て、この地域に精通したガイドに情報を提供してもらう必要があります。ゴミを捨てたり、焚き火をしたりすることは禁止されています。

近所の観光地
パトナ・デヴィと呼ばれるパールヴァティに捧げられた古代の寺院は、特にナブラトラ祭やチャイトラ祭の時期になると、何千人もの信者が訪れます。インド考古学研究所によって管理されているこの寺院は、近隣で最も観光客の多い場所の一つです。
ゴータラ聖域には、仏教の洞窟寺院がいくつかあり、全国の観光客を魅了しています。
アントゥール砦は、聖域の近くにある重要なモニュメントの一つで、約2,700フィートの高さに位置しています。15世紀にマラタ人によって建設されたもので、要塞の跡が残っていることで知られています。また、ニザム・シャーの時代に遡って刻まれた碑文とともに、ドアウェイやダルガがあり、大切にされています。

鉄道、航空、道路で観光地への到着の仕方・距離・所要時間
空路:アウランガーバード空港がこの保護区の最寄りの空港です。アウランガーバード空港からガウタラ野生動物保護区までの距離は75KMで、空港からの送迎サービスがあります。

鉄道:ムンバイ-ナグプール間の鉄道路線(チャリスガオンからカンナドまで55KM)が接続鉄道網となっています。ジャルガオンとアウランガーバードの2都市には、保護区の近くに駅があります。パチョーラ駅とチャリスガオン駅が最寄りの駅で、それぞれ27KMと29KMの距離にあります。

道路:ブルダナ(8 KM) とカムガオン (20 KM) は、保護区の近くにある二つの町です。

名物料理、特産物、ホテル
ナーン・クオリアは有名な料理で、「ナン」はタンドールと呼ばれる高温の炉の上で作られるパンの一種で、「カリア」はマトンのスパイシーな練り物です。その他にも、ジャンカスやピトラスやチャツネやテチャやタリピースなど、聖地の近くで食べられる有名な食べ物があります。

近所の宿泊施設・病院・郵便局・警察署
バンバルワディとプランヴァディの森のゲストハウスは、事前に予約すれば利用できます。また、保護区の周辺には、多くのホテルやリゾート施設があります。

近所のMTDCレゾートの詳細
最寄りのMTDCリゾートは巡礼者のシルディです。保護区から116KM離れており、車で約3時間がかかります

訪問に関するルール・訪問の最高の月
保護区を訪れるには、1月から3月の間が最も適した時期です。この時期は冬が最盛期で、気候も穏やかです。この時期には、学生を対象とした長期のエクスカーションがよく開催されます。

地域で会話できる言語
英語、ヒンディー語、マラーティー語