• A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

WeatherBannerWeb

アセットパブリッシャー

グリシュネシュワーラ・ジョティルリン(オーランガバード)

アウランガーバードにある「グリシュネシュワーラ・ジョティルリンガ」は、エローラにあるインドの12のジョティルリンガの一つです。宗教的、文化的、社会的、歴史的に重要な意味を持つこのジョティルリンガは、ぜひとも訪れたい場所です。

地区・地域    
インド、マハラシュトラ州、アウランガーバード地区。


歴史    

「ジョティルリンガ」とは「光の柱」という意味です。シヴァ神に捧げられた12の神聖な神社がジョティルリンガとされており、これらの神社はシヴァ神自身が訪れた場所であると信じられています。
グリシュネシュワーラ・ジョティルリンガ」は、インドにある12のジョティルリンガのうちの最後のジョティルリンガです。考古学的な古さは11から12世紀にさかのぼります。プラーナなどのヒンドゥー教の文献には、この地がシャイヴァ派の巡礼地であることが数多く記されています。
グリシュネシュワルという言葉は、シヴァ神に与えられた称号です。この寺院の名前は、シヴァ・プラーナやパドマ・プラーナなどのプラーナ文献に記載されています。寺院は13から14世紀にスルタン国の支配によって破壊されたが、16世紀にチャトラパティ・シヴァージ・マハラジの祖父であるヴェルールのマロージ・ビサレによって再建されました。しかし、ムガル帝国の崩壊後、18世紀にインドールのアヒリヤバイ・ホルカール王妃によって再び再建されました。現在の寺院の構造は、アヒリヤバイ・ホルカール女王が建設したものであります。
赤い石で作られており、5層のナガラ様式のシカラを持っています。寺院のリンガは東向きで、24本の柱からなるコートホールには、シヴァ神にまつわる様々な伝説や物語が美しい彫刻で刻まれており、ナンディの像は訪れる人の目を楽しませてくれます。
この寺院は、東側にある11から12世紀に遡る古い聖水タンクと関連しています。この寺院は、世界遺産であるエローラのカイラッシュの一枚岩の寺院からそれほど遠くありません。この寺院の神聖な景観は、6世紀から9世紀にかけてこの地で発掘されたシャイヴァ派の洞窟に由来するものです。現在の寺院は、柱や壁に美しい装飾が施されています。

地理    
この寺院は、マハラシュトラ州アウランガーバード地区のアウランガーバード市から35 KM離れたヴェルールにあります。


天気・気候    
この地域は、高温で乾燥した気候です。夏は冬やモンスーンよりも極端で、最高気温は40.5度にもなります。
冬は温暖で、平均気温は28から30度です。
モンスーンシーズンの雨は季節変動が激しく、年間の降水量は726ミリメートル程度です。

やれること     
    お参りをした後は、ぜひ「宮殿」をご覧ください。
•    コートホール。
•    シヴァラヤ・サロヴァール。
•    ヴィシュヌのダシャヴァタールの彫刻。
•    寺院周辺の現地マーケット。


近所の観光地    

    エローラ・ディガンバル・ジャイナ教寺院 -1.1 KM、寺院から約5分です。
エローラ石窟群 - 1.6 KM、寺院から約7分です。
マリクアンバーの墓 - 4.8 KM、寺院から約11分です。
ムガール・シルク・バザール - 5.6 KM、寺院から約11分です。
アウランガバードの墓 - 9.3 KM、寺院から約20分です。
ダラタバード砦 - 13.6 KM、寺院から約25分です。


名物料理、特産物、ホテル    
本格的なマハラシュトリアン料理と美味しいムグライ料理と食欲をそそるストリートフード。
このようなあらゆるものを楽しむことができます。

近所の宿泊施設・病院・郵便局・警察庁    

手頃な価格の宿泊施設もあります。寺院から最も近い病院はヴァイディアナース病院で、距離にして39 KM、時間にして57分です。
最寄りの郵便局はアウランガーバードの本社郵便局で、寺院からの距離は34 KM、52分です。
寺院から一番近い警察署は、35.9 KM
、55分のところにある都市チャウク警察署です。

    

訪問に関するルール・訪問の最高の月    
 

観光客は、寺院内での写真撮影が厳しく禁止されていることを覚えておく必要があります。男性は素っ裸で寺院に入らなければなりません。
寺院を訪れるベストシーズンは10月から3月です。参拝のタイミングは、毎日午前5時30分から午後11時までですが、神聖な月であるシュラヴァンの間は午前3時に開門されます。

地域で会話できる言語    
英語、ヒンディー語、マラーティー語。