Hapus - DOT-Maharashtra Tourism

  • A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

WeatherBannerWeb

アセットパブリッシャー

Hapus

Districts / Region

インド、マハラシュトラ州、シンドゥードゥルグ郡、ラトナギリ郡、デヴガド・タルカ

Unique Features

コンカン・ハプスは、インド政府により2018年にGI(地理的表示)マークを取得しました。
  • Image
  • Image
  • Image

Ingredients and Short Recipes

トレシピ - コンカン地方は自然が豊かなことでよく知られています。豊富な種類の果物や関連製品の生産でもよく知られています。アルフォンソマンゴーは、ハプスマンゴとして知られ、果物の王様と言われています。 
このマンゴーは、インドの数あるマンゴーの中でもユニークで、最も愛されている品種です。アルフォンソマンゴーは自然な香りを持ち、黄色でその上に赤みがあり、熟すと柔らかくなるのが特徴です。 ハプスマンゴーは、主に欧米諸国を中心に世界中に輸出されています。アルフォンソは季節の果物です。4月中旬から6月下旬にかけて収穫できます。ラトナギリ地方は高品質のマンゴーの生産地として人気があります。6万5千エーカー以上の土地でマンゴーが栽培されているのは驚くべきことです。 インドで最も多くのアルフォンソマンゴーを生産しているのは、マハラシュトラ州のラトナギリ地区です。
アルフォンソはインドで最も高価なマンゴーの品種の1つであります。

History

ハプスマンゴーまたはアルフォンソマンゴーは、ポルトガル人によってインドに持ち込まれました。ポルトガルの総督アルフォンソ・デ・アルブケルケにちなんで名づけられました。彼は様々な種類のマンゴーを導入したが、アルフォンソは時とともに生き残りました。

Cultural Significance

マンゴーの木の葉は、様々な場所で神聖な目的や様々な儀式に使用されています。また、マンゴーはインドの国果であります。