• A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

アセットパブリッシャー

ジャヤクワディダム

  • 観光地・場所の名前とその場所の34行の短い説明
  • ジャヤックワディは、インドのマハラシュトラ州アウランガーバード地区パイタン・テシルにあるゴダバリ川のダムです。マハーラーシュトラ州で最大の灌漑プロジェクトです。このダムの周囲には鳥獣保護区があります。
  • 地区・地域
  • アウランガーバード地区、マハーラーシュトラ州、インド
  • 歴史
  • 干ばつの多いマラトワダ地方の灌漑需要を満たすために建設されたダムです。当初の計画は、ハイデラバード州の統治時代に、ジャヤクワディ村近くのビード地区で策定されました。このためのプロジェクト案は1964年までに完成しました。1965年10月18日に当時のインド首相ラル・バハドウール・シャストリによってダムの基礎が築かれ、1976年2月24日に当時の首相インディラ・ガンジーによって落成式が行われました。このプロジェクトは多目的プロジェクトである。ジャヤックワディは、アジア最大級のアースンダムと言われています。標高は約41.30m、長さは9.998km(約10km)で、総貯水量は2,909MCM(ミリオン・キュービック・メートル)です。
  • 地理
  • ジャヤクワディは、マハーラーシュトラ州、アウランガーバード地区のパイタン・テシルにあり、アウランガーバードの南、アーメドナガーの北東にあります。
  • 天気・気候
  • この地域は、高温で乾燥した気候です。夏は冬やモンスーンに比べて極端で、最高気温は40.5度に達します。
    冬は温暖で、平均気温は28〜30度です。
    モンスーンの季節は極端な季節変動があり、年間降水量は約726ミリメートルです。
     
  • やれること
  • 観光客は、ジャヤクワディダムによって形成された湖であるナースサガル貯水池を訪れることができます。貯水池の周辺には、約37種の植物が報告されています。また、近くに開発されたディネシュワー・ウディヤンを見学することもできます。
  • 近所の観光地
  • ●ジャヤクワディ鳥保護区: ジャヤクワディ鳥保護区は、インドのマハーラーシュトラ州アウランガーバード地区のパイタン・タルカにあるジャヤクワディ村の近くにある鳥類保護区です。この保護区は、様々な大きさの島々の上に位置しています。ダムには様々な渡り鳥が生息しており、その中には国際的な渡り鳥とされるものもあります。
    ●聖人のディネシュワー・ウディヤン:聖人のディネシュワー・ウディヤンは、マハラシュトラ州にある庭園で、マイソールのブリンダバン庭園に似ています。1970年代に州の政府によって建設され、ジャヤクワディダムによって形成された貯水池であるナートサーガルに隣接しています。色とりどりの花壇、広大な芝生、音楽を奏でる噴水など、多くの観光客を魅了しています。また、子供向けのプレイエリアやプール、ボートライドなどもあります。
    ●ビビ・カ・マクバラ: - ビビ・カ・マクバラ("Tomb of the Lady")はインドのアウランガーバード・マハーラーシュトラ州にある墓で、1660年にムガール帝国のアウラングゼーブが妻のディルラス・バヌ・ベガムを偲んで建設したものです。ビビ・カ・マクバラは、アウラングゼーブが建設した建造物の中で、バドシャヒー・モスクに先立つ2番目に大きな建造物であると考えられています。
    ●アジャンタ石窟群:インドのマハーラーシュトラ州アウランガーバード地区にある、紀元前2世紀から紀元後480年頃までの約30の岩窟仏教遺跡。この洞窟には、古代インド美術の最初の保存例とされる岩窟彫刻や絵画があり、特に絵画はあらゆる感情を表現しています。
    ●エローラ石窟群: エローラは、インドのマハラシュトラ州アウランガーバード地区にあるユネスコの世界遺産です。世界最大級のヒンドゥー教寺院の洞窟で、岩をくりぬいて作られており、主にヒンドゥー教、いくつかの仏教、ジャイナ教のモニュメントがあり、紀元後600年から1000年の間に作られた魅力的な作品を見ることができます。1つの巨大な岩を使った最大の発掘は、16番の洞窟で見ることができ、その形はシヴァ神を表しています。

    ●グリシュネシュワーラ寺院:グリシュネシュワーラ・ジョティリンガ寺院(グシュメシュワーラ寺院と呼ばれることもあります)は、シヴァ神に捧げられた聖地のひとつで、シヴ・プラーンなどの神話にその記述が見られます。グシュネシュワーラという言葉は、「慈悲の主」という意味です。寺院はエローラ石窟群の近くにあります。
    ●ダウラタバード砦: - デオギリ・砦(デヴァギリまたはデオギリとも呼ばれる)は、インドのマハーラーシュトラ州アウランガーバード近郊のダウラタバード(Devagiri)村にある歴史的な城塞です。この美しい建築物は12世紀に建設されました。また、マハーラーシュトラ州の七不思議の一つとしても知られています。砦は、高さ約200メートルの円錐形の丘の上に立っています。

  • 鉄道、航空、道路で観光地への到着の仕方・距離・所要時間
  • ジャヤックワディダムは道路でアクセスできます。国の交通機関。
    アーメドナガル88KM(2時間9分)、ソラプール272KM(4時間45分)、ビード87KM(1時間47分)などの都市から、州営交通機関バス、プライベートバス、高級バスが出ています。
    最寄の空港 : アウランガーバード空港 58 KM (1 時間 36 分)
    最寄りの駅: - アウランガーバード駅 59 KM (1 時間 13 分)
  • 名物料理、特産物、ホテル
  • アウランガーバード料理は、ムガリ料理やハイデラバード料理に似ています。
    アウランガーバード料理は、香り豊かなプラーオやビリヤニなど、ムガリやハイデラバディ料理によく似ています。この街ならではのノンベジ料理は、ナーンカーリヤまたは(Naan-Qualia)です。これは、マトンとさまざまなスパイスを混ぜ合わせたものです。
     
  • 近所の宿泊施設・病院・郵便局・警察署
  • ジャヤックワディ・ダムの近くには様々なホテルがあります。
    数多くの病院がジャヤックワディ・ダムの近く1.5 KMにあります。
    ジャヤックワディ・ダムの近くの郵便局は3.2 KMです。
    警察署は、ジャヤックワディ・ダムの近くに2.8 KMです
  • 近所のMTDCレゾートの詳細
  • アウランガーバード市にはMTDCリゾートがあります。
  • 訪問に関するルール・訪問の最高の月
  • あそこを訪れるのに最適な時期は10月から3月までです。
  • 地域で会話できる言語
  • 英語、ヒンディー語、マラーティー語