• A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

WeatherBannerWeb

アセットパブリッシャー

カルナーラ鳥類保護区(ライガッド)

パンベル近郊のカルナラは、鳥類専用の保護区です。ムンバイ近郊では、サンジャイ・ガンジー国立公園とタンガレーシュワルの丘に次いで3番目の聖域です。面積は12.11平方キロメートルで、比較的小規模な保護区です。ムンバイ・ゴア間の高速道路上にあり、車でのアクセスも容易です。

地区・地域
インド、マハラシュトラ州、ライガット地区。

歴史
この保護区は1968年に設立され、当初は4.45平方キロメートルの面積を有していました。2003年には緑地帯を追加して拡張し、現在では約12平方キロメートルを鳥類専用にしています。ここにはカルナラの砦もあり、ムンバイやプネーからのバードウォッチャーやトレッカーのお気に入りの場所となっています。カルナラはムンバイから50 KM以内にあり、家族でのピクニックに最適な場所です。カルナラは、季節ごとに様々なバードウォッチャーを楽しませてくれます。
雨が降り始めると、妖精のような白い羽を持つパラダイス・フライキャッチャーややシャマやカササギ・ロビン、マラバル・ホイッスリング・ツグミなど、最もメロディアスな鳥のさえずりを見ることができます。
冬は渡り鳥の季節です。ここを訪れるのは、ブラックバード、ブルーヘッド・ロックスラッシュロックスラッシュ、ブルースロート、レッドブレスト・フライキャッチャー、アシナガバチ、ブラックヘッド・カッコウシュライクなど、さまざまな鳥たちです。

地理
パンベルはカルナラ地区にあります。ムンバイ-プネー間の高速道路にも近く、ムンバイ-ゴア間の高速道路にも面しています。

天気・気候
この地域の特徴的な天候は降雨で、コンカン地帯では降雨量が多く(約2500ミリメートルから4500ミリメートル)、気候は湿度が高く暖かいままです。この季節の気温は摂氏30度にまで達します。

夏は高温多湿で、気温は摂氏40度にも達します。

冬は比較的穏やかな気候で(摂氏28度前後)、涼しく乾燥した気候が続きます。

やれること
カルナラは、トレッキングやバードウォッチングや家族でのピクニックなど、1日のスケジュールの中で楽しめる場所として知られています。カルナラは、バードウォッチャーにとってのパラダイスです。自然解説センターを訪れたり、保護区の中にある有名なカルナラ・砦までトレッキングすることもできます。また、この地域にはアミューズメント施設を備えたリゾート地がたくさんあり、冒険を楽しむことができます

近所の観光地
カルナラ保護区を訪れる際の最寄りの場所
1. カラバンティン・ダーグ(27 KM)。
2. イルシャルガド砦(33 KM
3. マザラン(60 KM)
4. プラバルガッド砦(27 KM)

鉄道、航空、道路で観光地への到着の仕方・距離・所要時間
ムンバイ・ゴア高速道路、NH-17沿い。テーンクリーク、パンベルを経由して2時間のドライブです。

最寄りの駅保護区からは、パンベル駅が最も近いです。パンベル駅からは乗り合いタクシーや自家用車が利用できます。(12 KM)

最寄りの空港チャトラパティ・シヴァージ・マハラジ空港(ムンバイ)。(60 KM)

道路でカルナラ は道路の便が非常によく、ムンバイからはタクシーや自家用車で簡単に行くことができます。入口には駐車場があります。(53 KM)

名物料理、特産物、ホテル
カルナラ保護区内にはレストランはありませんが、国道に面しているため、多くのレストランやダバがあります。これらのレストランは、シーフードや地元のアグリスタイルの料理を提供することで知られています。また、中華料理や南インド料理や北インド料理など、様々な料理を提供しています。

近所の宿泊施設・病院・郵便局・警察署
カルナラは、ロッジやホテルやリゾートなどの宿泊施設に囲まれています。また、プライマリー・ヘルス・クリニックや入院サービスも近接しています。パンベル警察署が最寄りの警察署です.

近所のMTDCレゾートの詳細
MTDCは、近隣にリゾート・宿泊施設を持っていません。

訪問に関するルール・訪問の最高の月
ここは保護区なので、森林局のルールに従わなければなりません。日没後に観光客が長居することは許されません。9月から3月が最高の季節です。

地域で会話できる言語
英語、ヒンディー語、マラーティー語