• A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

WeatherBannerWeb

アセットパブリッシャー

メルガットタイガーリザーブ

メルガット虎保護区は、マハラシュトラ州のアムラバティ地区にあります。メルガット虎保護区は、ガウィルガル・ヒルと呼ばれるインド中央部のサツプラ丘陵の南側にあります。ナーグプルから西へ225KMのところにあります。ここは、ベンガルタイガーを保護するために1972年にインドで開始された野生生物保護プロジェクト「プロジェクト・タイガー」のもと、1973年から74年にかけて最初に通知された九つのトラ保護区の一つです。面積的には国内最大のトラ保護区の一つであります。「メルガット」という名前は、このトラ保護区の典型的な風景であるように、様々な「ガット」または谷の合流点を意味しています.

地区・地域
このトラ保護区は、インドのマハラシュトラ州アムラバティ地区のチカルダーラとダルニという二つのテースルに広がっています。

歴史
メルガットの美しい風景は、フォーサイスとダンバーが描いた中央インドのサトプダ丘陵地帯にあります。メルガット虎保護区は、1974年2月22日に発効しました。当初は1571.74平方キロメートルの面積がありました。これは、マハラシュトラ州で宣言された最初のトラ保護区で、その後2029.04平方キロメートルに拡大されました。メルガットの神秘的な景観には、生物多様性に富んだユニークで代表的な生態系からなる不可侵の自然林が広大に広がっており、深い谷(地元では「ホラ」と呼ばれる)と高い丘(地元では「バラス」と呼ばれる)によって多様な生息環境が提供されています。また、川や「ナラ」があり、「ドーズ」には一年中水が流れています。
1985年、メルガット野生生物保護区が設立されました。保護区の中核をなすグガマル国立公園は、1987年に切り開かれた361.28KM2の面積を持ちます。
植物相この地は自然の植生が非常に豊かで、約700種の植物や樹木が生息しています。一般的なものとしては、チークやラガーストロミアパルビフローラやターミナリア・トメントサやオウゲニア・オウゲニアエンシスやエンブリカ・オフィシナリスや竹などが挙げられます。
動物相-この場所の最大の魅力は、森の奥深くに生息するトラです。それに加えて、ヒョウや吠える鹿やチタルやサンバーやイノシシやガウルやニルギリや野生の犬など、様々な動物を見ることができます。

地理
メルガットは、マハラシュトラ州アムラバティ地区の北端、マディヤ・プラデーシュ州との境界に位置し、南西部のサツプラ山脈にあります。メルガットとは「ガットの合流点」という意味で、この地域を、ギザギザの崖や急な登り坂が続く、果てしない丘や渓谷の広大な土地と表現しています。森林は熱帯乾燥落葉樹林で、チーク(テクトナ・グランディス)が主に使用されています。この保護区は、タプティ川の支流であるカンドゥ川、カプラ川、シプナ川、ガドガ川、ドラール川という五つの主要な川の集水地となっています。ここには、動植物を問わず、さまざまな種類の野生動物が生息しています。
タプティ川とサトプラ山脈のガウィルガドの尾根が保護区の境界を形成しています。

天気・気候
メルガットは、マハラシュトラ州アムラバティ地区の北端、マディヤ・プラデーシュ州との境界に位置し、南西部のサツプラ山脈にあります。メルガットとは「ガットの合流点」という意味で、この地域を、ギザギザの崖や急な登り坂が続く、果てしない丘や渓谷の広大な土地と表現しています。年間の平均最高気温は46度、平均最低気温は4度であります。
メルガットの気候は、標高の違いにより変化します。この地域の雨季の降水量は950ミリメートルから1400ミリメートルと豊富です。この地域では、1年に約60日から65日雨が降ります。高原や丘陵地帯では、一年を通してほぼ均等な快適な気候が楽しめます。

やれること
メルガットタイガーリザーブでは、デイサファリやナイトサファリや一日サファリやナイトマチャンステイやカヤックやエレファントライドやトレッキングやゾーブボールやビルマブリッジや川渡りやパラレルブリッジなどのアドベンチャーアクティビティなど、様々なアクティビティをご用意しています。これらのアクティビティは、アムザリやセマドーやコルカタやハリサルやシャハヌールなどの観光地でご利用いただけます。トライバル・ダンス・ショーはリクエストに応じてアレンジ可能です。

近所の観光地
セマドーは、観光の観点から見た主要なセンターです。
コルカス・エコツーリズム・コンプレックスは、ナルナラ・保護区(ベースキャンプはアコット地区のシャヌール)の近くにあり、メルガット・タイガー・リザーブのもう一つの観光の中心地で、ジャングル・サファリを楽しめるほか、600年前に建てられたと思われる要塞を見学することもできます。
ハリサルは、セマドーからインドール方面へ25KM、マハラシュトラ州高速道路6号線沿いにあるデジタルな村です。
チクハルダラは、マハラシュトラ州のヴィダルバハ地域にある有名な観光地で、メルガット・タイガー・リザーブへの重要な玄関口でもあります。ここには多くの個人経営のホテルやリゾートがあり、一般にバイラートと呼ばれるジャングル・サファリ・ゲートがあります。

鉄道、航空、道路で観光地への到着の仕方・距離・所要時間
鉄道:チハルダラ、スマドー、コルカス、ハリサルの場合、ムンバイ-ナグプール-コルカタ間のアムラバティから10キロ離れたバドネラ・ジャンクションで下車します。ナールナラ-ムンバイ-ナグプール-コルカタルートのアコラ・ジャンクションで下車します。また、ムンバイ-ボパール間のカンドワや、ナグプール-デリー間のベトゥルからも各地に行くことができます。

空路:最寄りの空港はナーグプルで、ムンバイやデリーやコルカタやベンガルールやライプルやインドールやプネーなどから毎日フライトが出ています。

道路メルガットの様々な目的地へは道路で行くことができます。

名物料理、特産物、ホテル
ホテルやレストランでは、ベジタリアン料理やノンベジタリアン料理を提供しています。アムラバティには数多くの川や、湖や池などの主要な水域があります。そのため、この地域では魚が豊富に獲れます。

近所の宿泊施設・病院・郵便局・警察署
き、ほとんどが森林局によって運営されています。施設は快適で、森の雰囲気に合った基本的なものです。部族の人々の文化や日常生活を体験するために、ホームステイを提供しています

近所のMTDCレゾートの詳細
近場では、メルガットタイガーリザーブMTDCリゾート(73KM)やハルシャワルダンインやMTDCモザリポイント(72.2KM)などがあります。

訪問に関するルール・訪問の最高の月
この保護区の最高の季節は、12月から5月までです。

雨季には閉鎖されます。入園料:インド人は大人30ルピー、子供15ルピー(5と12歳)、学生15ルピー、外国人は大人60ルピー、子供30ルピー(5と12歳)、学生30ルピーです。

車両入場料:大型車-150ルピー、小型車-100ルピー、モーターサイクル-25ルピーです。

地域で会話できる言語
英語、ヒンディー語、マラーティー語