• A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

アセットパブリッシャー

ナルドゥルグ城

観光地・場所の名前とその場所の34行の短い説明

ナルドゥルガ砦は巨大な城砦であります。この無敵の砦は、ビジャプールのアディル・シャヒ時代に建設されました。城壁の長さは3 KMで、114の要塞があります。ナルドゥルグの砦は、中世インドの軍事技術と建築の最良の例とされています。

地区・地域

歴史

ナルドゥルグの砦は、中世時代の優れた陸の砦です。伝説によると、街と砦の名前の由来となったナル王によって建てられたと言われています。この要塞はカルヤニのチャールキヤ王の時代から引き継がれています。その後、この砦はバハマ人やアディル・シャー、そしてムガル人によって支配されました。チャンド・ビビ・スルタナとアリー・アディル・シャーはこの砦で結婚しました。ナールドゥルグには、ナワブ・アミール・ナワズル・ムルク・バハドゥールとニザムル・ムルク2世マザールの娘ファカルンニサ・ベガム姫のマクバラ(墓)があります。ナルドゥルグの人々やマラトワダの人々は、亡くなった支配者に敬意を払うために聖地を訪れます。ナワブサハブの死後、1948年までは彼の後継者が知事を務めました。

砦は強烈に持続しており、砦の壁は「ディーシード玄武岩」で作られています。ダムの高さは90フィート、長さは275メートル、頂上からの幅は31メートルです。ダムの中心部には、楽しく計画されたギャラリーのある部屋があり、本当の意味での「水の城」を意味する「パニ・マハル」と呼ばれています。ボリ川はダムによってせき止められ、砦の上に素晴らしい湖を作っています。川が氾濫すると、水はカーブを描きながらダムを越えて流れ、パニ・マハルの中に座っていても、濡れずにそれによってもたらされるカスケードを見ることができます。これは中世インドの水利施設の典型的な例であります。

砦の中にある高さ15フィートの「ウパラヤ」と呼ばれる砦は、ナルドゥルグ砦の非常に魅力的なランドマークです。この砦には、かなり前から18フィートと21フィートの二つの銃が取り付けられています。ナルドゥルグの砦は目を楽しませてくれますし、時間を戻したくなるような砦です。地理

ナルドゥルグは陸地の砦で、砦全体を見るためにはかなり歩かなければならないかもしれません。

天気・気候

この地域は、高温で乾燥した気候です。夏は冬やモンスーンよりも極端で、最高気温は40.5度にもなります。

冬は温暖で、平均気温は28から30度です。

モンスーンシーズンは季節変動が激しく、この地域の年間降水量は約726ミリメートルです。やれること

砦には見所がいっぱい。

1.ウパラヤの砦

2.ダム

3.パニマハル

4.

5.モンスーンの雨の中の滝。

近所の観光地

ナルドゥルグ砦周辺の観光スポットは

1.トゥルジャバニ寺院。

2.ランマンダル砦。

3.ダラシヴ石窟群

 4. パランダ砦。鉄道、航空、道路で観光地への到着

の仕方・距離・所要時間

フォートへのアクセス方法は以下の通りです。

空路: 最寄りの国内空港はアウランガーバード空港で、オスマーナバードから265 KM離れています。

最寄の国際空港は、ムンバイ国際空港です。

- 電車: 最寄りの駅はショーラープル駅で、砦から50 KM離れています。

- 道路オスマナバードから50 KM、トゥルジャプールから35 KM、ソラプールから50 KM、プネから295 KM、ムンバイから469 KMです。名物料理、特産物、ホテル

地元のマハラシュトリアン料理で知られています。

近所の宿泊施設・病院・郵便局・警察庁

- オスマナバードやショーラープルなどの近隣の都市には、予算に応じて利用できる宿泊施設があります。

- トゥルジャプールやオスマナバードやショーラープルなどの近隣の町や都市では、病院を見つけることができます。近所のMTDCレゾートの詳細

トゥルジャプールリゾート。

訪問に関するルール・訪問の最高の月

- 午前7時から午後7時までの間、砦を訪れることができます。

- 砦を訪れるのに最適な時期は、美しい滝を見ることができるモンスーンの雨の間か、モンスーンの雨の後です。

- また、気温が低い冬に訪れるのもよいでしょう

- 砦を見るためには歩く必要がありますので、天候に合わせた服装と、歩きやすいサンダルや靴をご用意ください。地域で会話できる言語

英語、ヒンディー語、マラーティー語