Nomads - DOT-Maharashtra Tourism

  • A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

WeatherBannerWeb

アセットパブリッシャー

Nomads

Districts / Region

遊牧民はマハラシュトラ州では一般的に「バタケ」と呼ばれ、マハラシュトラ州の様々な地域で見られています。

Unique Features

ノマドの一般的な定義は次のようなものである:「ノマドとは、定住地を持たず、定期的に同じ地域を行き来するコミュニティのメンバーである」。このような集団には、狩猟採集民、牧畜遊牧民、商人遊牧民が含まれます。
狩猟採集民は遊牧民文化の原初的な段階でありました。石器の発見後、時間をかけて狩猟採集民に発展しました。農耕の時代には、家畜を利用する技術を習得しました。このような遊牧民は生産者遊牧民と呼ばれるようになりました。サービス業に従事する人々はサービス・ノマド、エンターテイナーはエンターテインメント・ノマドという烙印を押されました。しばらくして、多くの遊牧民のカテゴリーが考案され、将来の発展のためのトレンドが設定さ れました。
マハラシュトラ州の遊牧民族も同じようなパターンをとっています。小さな馬やロバなどに荷物を載せて、拠点を移しながら、自分たちが生活できる場所を探しています。ドンバリ、マジシャン、占い、漢方薬の調合など、移動中に行う職業もあります。これらの永続的な遊牧民とは別に、季節ごとに移動する部族もあります。このような人々は、自宅や農地などの定住地を持ちます。収穫期が終わると遊牧民となり、農作業で自活できる間を過ごし、次の収穫期に備えて基地に戻ります。
近代化によって、農村の伝統的な生態系は破壊され、すべてが印刷された貨幣で決定されるようになりました。このことは、遊牧民のライフスタイルに大きな影響を及ぼしています。近代化によって、森林や牧草地など、遊牧民の居住地として予定されていた伝統的な地域が破壊されたり、破壊寸前になったりして、遊牧民族はより新しい活動場所を探したり、新しい職業に就いてシステムの一部になったりして、状況に適応せざるをえなくなりました。しかし、これまでのところ、彼らの文化的特徴に影響は出ていません。
中央政府と州政府は、遊牧民の発展を常に見守っており、独立以来、彼らの向上のために様々な経済的・文化的スキームを追求しています。その中には、定住地の提供、牧草地の提供、住居のための資金援助、医療施設の提供などが含まれます。また、牛乳や羊毛の生産などの協同組合活動の奨励、国勢調査での言及、彼らの福祉のために活動する非政府組織のネットワークの構築、職業訓練機関の設立、こうした計画のための予算措置の提供など、協調的な努力の一環として実を結び始めている施策があります。

Cultural Significance

  • Image
  • Image
  • Image