Paithani - DOT-Maharashtra Tourism

  • A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

WeatherBannerWeb

アセットパブリッシャー

Paithani

Districts / Region

パイタニはアウランガーバード地方にあるパイタン市からその名を取りました。現在、製造拠点はナシク県のイェオラに移っています。

Unique Features

パイタンは、マウリヤーン帝国の崩壊後、4世紀半以上にわたって半島インドを支配した有名なサタバハナ王朝の首都でありました。パイタニはパイタンに由来し、豊かな絹のサリーにユニークなモチーフのザリ細工を施すことで有名です。パイタニの色は深みのあるものが多く、滑らかな光沢があるのが特徴です。パダルと呼ばれるサリーの片側にはザリワークが施され、両側のボーダーやカトには花柄が描かれています。これらの模様は、両面から見ても同じように見えるのが特徴です。パイタニは、マハラシュトリア地方の伝統的な結婚に関連するものであります。
伝統的なパイタニは、長さ9ヤード、幅2.5ヤードで、パダルとカトに花や動物、鳥のモチーフが描かれています。重さは3.3kgで、250gの銀と17gの金が必要です。品質のバリエーションは、バラマシ、チュダマニ、エクベイスマシと呼ばれ、価格はこれらのバリエーションに基づいて決定されます。王室の記録には、130番台のシルクで織られたチャッテースマシー・パイタニが記載されており、これは非常に高い品質であることを表しています。
パイタニのパダールは、アサワリ、バンディ、モル、アクロティ、グラベルなど、意味深長な名前で知られています。高品質なシルクを使った手作りの模様は、ミーナカリという名前で知られています。パイタニには、緑、黄、赤、オレンジがかったグレーなどの色が使われ、植物性の染料で作られています。
パイタニの製作には通常21日ほどかかり、100年はもつと言われています。パダルの製作には1週間ほどかかります。パイタニを作るには、多くの職人が関わっている。金細工職人は、金や銀を加工し、光沢のある細い糸に仕上げます。ワタベという職人は、その糸をボビンに巻き付け、機織り職人に渡します。絹糸を織れるようにするためには、その独特の品質を保つためにいくつもの工程を経なければならず、忍耐と根気が必要です。
パイタニの生産拠点がナシク地区のバレワディに移ったのは、おそらく17世紀のことです。マラーター族の中尉によって、パイサンの熟練した織り手が数人、イェオラに連れてこられました。パイタニの人気はペシュワ朝時代にピークに達しました。20世紀の最初の10年間は伝統的なデザインとクラスが流行したが、人々の試練の変化により、全体のデザインとパターンに変化がもたらされました。また、製造工程に手間がかかるため、パイタニは高価であった。さらに、機械的な発明の導入により、安価なものが市場に出回り始め、かつて有名だったこの文化のシンボルは  没落していきました。
しかし、マハラシュトラ州成立後、マハラシュトラ州政府がこの古代の芸術を支援するために様々な計画を立て、その努力が実り始めています。

Cultural Significance

パイタニは、マハラシュトラ州の伝統では、一般的に結婚に関連するものです。
  • Image
  • Image
  • Image
  • Image