• A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

アセットパブリッシャー

サガレシュワー野生生物保護区

サガレシュワール・ワイルドライフ・保護区は、インドのマハラシュトラ州で保護されている地域です。サングリ地区の三つのテースルの境界線上にあります。カデガオンやワルバやパルスの三つのテースルの境界にあります。この野生生物保護区は人工物であり、継続的な水の供給なしに人工的に開発されており、野生生物の種の大部分は人工的に導入されたものであります。総面積は10.87KM²です。

地区・地域
インド、マハラシュトラ州サングリ地区。

歴史
この保護区の名前は、無数の信者を魅了する古代の有名なサガレシュワール・シヴァ寺院に由来しています。広大な保護区と、サトヴァハナ時代に建てられた51の小さな寺院からなる複合施設で構成されています。元々、サガレシュワール・ワイルドライフ・保護区は森林公園として宣言されました。

1980 年にはサガロバ狩猟保護区となり、その後 1985 年には約 52 頭の動物が解放され、サガレシュワール・ワイルドライフ・保護区となりました。
保護区に生息する動物には、数種類の鹿(サンバール鹿やブラックバックやムントジャックやチタル)、イノシシやクジャクなどがいます。また、ハイエナやキツネやヤマアラシなどの小型肉食動物も生息しています。サガレシュワール・保護区は、シヴァ神に捧げられた様々な寺院があることから、宗教的、文化的、考古学的な観点から重要視されています。不安定な断崖に沿って、カマル・バイ・ラーオまたはカル・バイ・ラーオと呼ばれるもう一つの寺院があります。

地理
サガレシュワール・ワイルドライフ・保護区は、サングリの最も人気のある観光スポットの一つであり、サングリ市から47KMの距離に位置しています。これは、計画的な植林プログラムに基づいて建設された人工の聖域で、サングリ地区の三つのテースルの地元住民が参加しています。この保護区の総面積は10.87平方キロメートルで、ほとんどが森林地帯と草の生えた丘の斜面で構成されています。野生ヤギ、野生ウシやウサギやシカやジャッカルやクジャクやブラックバックやチーターやサンバーやハイエナやキツネやホエジカやヤマアラシなど、52種の動物が生息しています。また、昆虫類、爬虫類、鳥類の種類も多いです。

天気・気候
この地域は年間を通じて高温半乾燥気候で、平均気温は19から33度です。

4月と5月は最も暑い時期で、最高気温は摂氏42度に達します。

冬は極端で、夜には気温が10℃まで下がることもありますが、日中の平均気温は26℃前後です。

この地域の年間降水量は約763ミリメートルです。

やれること
保護区から約1.5KMのところに、約51の古代寺院からなる寺院群があります。この寺院群は、約500から600年前のシラハラまたはヤダバ時代のものと考えられています。主な寺院はシヴァ神に捧げられ、サガレシュワラと名付けられています。他の神々は、ラクシュミ・ナラヤンとヴィシュヌです。賢者や女性や象などの石や彫刻を見ることができます。さらに、サガレシュワルから約16KM、カラドから約21KMのところにあるコール・ヌルシンハプールへの訪問もお勧めです。ここで特に美しいのは、黒い石で彫られたヌリシンハの偶像です。また、この寺院は、五つの砦を持つ要塞の壁が特徴的です。

近所の観光地
ガナパティ寺院 - サングリで最も有名な観光スポットの一つです。この寺院は1843年にソーレ・チンタマン・ラーオ・パトワルダンによって建てられました。

ダンドバヒルズ森林保護区 - この森林保護区は動植物が豊富で、インドの未踏の森の一つです。森林保護区内には多くの史跡があり、探検するのを待っています。

サンメシュワル寺院 - シヴァ神を祀るサンメシュワル寺院は、クリシュナ川とワルナ川の合流点に位置しているため、この寺院の重要性は飛躍的に高まっています。

バーフバリ・ヒル寺院 - この寺院は、サングリの主要都市から少し離れたところにあります。バーフバリの丘は、クンボジギリとしてよく知られています。この寺院には、高さ28フィートの聖人バーフバリの像があります。400年前、聖者バーフバリがここで瞑想したと信じられています。
サングリ・砦 - サングリ・砦は、かつて美しいラージワダ宮殿を構成していた場所で、当時の素晴らしい博物館でもあります。
チャンドリー国立公園 - 広大な国立公園で、さまざまな動物を見ることができます。森はマラバルコーストの湿潤林とノースウェスタンガーツの湿潤落葉樹林が混ざっています。

ゴカクの滝 - ゴカクの滝は、サングリの主要都市から少し離れたところにあります。この滝はサングリ川にあります。この美しい滝は、主にその高さ、形、速さからナイアガラの滝と比較されます。滝の深さは177メートルです。

鉄道、航空、道路で観光地への到着の仕方・距離・所要時間
飛行機でサガレシュワール・ワイルドライフ・保護区に最も近い空港はコラープル空港で、サガレシュワール・ワイルドライフ・保護区から36KMのところにあります。しかし、最も便利なのはサングリから232KM離れたプネー空港であります。

鉄道:サガレシュワール・ワイルドライフ・保護区に最も近い駅は、サングリ駅で、サガレシュワール・ワイルドライフ・保護区から2KMのところにあります。他の都市との接続も良好です。

道路で:サングリは、州政府のバスや民間のバスが通っています。国道4号線を利用し、サングリで折り返します。

名物料理、特産物、ホテル
サガレシュワーラーでは、ぜひ地元の料理を味わってみてください。例えば、「バダン」は絶対に見逃せません。これは、米やピーナッツやニンニクで作られた地元の料理で、非常に人気があり、もっと食べたいと思わせるものです。また、ベルフリやパニプリなどもお勧めです。ローカルフード以外にも、ファーストフードを提供するお店がたくさんあります

近所の宿泊施設・病院・郵便局・警察署
保護区周辺には、ご予算に応じて様々な宿泊施設があります。

カーラップ警察署が最寄りの警察署です。(36 KM)

サヤリ病院は、最も近い病院です。(8.1 KM)

近所のMTDCレゾートの詳細
最も近いMTDCリゾートはMTDCコイナ湖です。(88 KM)

訪問に関するルール・訪問の最高の月
保護区の最高の季節は、8月から2月までです。

タイミングは 午前八時から午後五時半まで, 火曜休館です。

入場料:55ルピー/人

地域で会話できる言語
英語、ヒンディー語、マラーティー語