• A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

WeatherBannerWeb

Banner Heading

アセットパブリッシャー

サジャンガド砦

  • 観光地・場所の名前とその場所の34行の短い説明
  • サジャンガド砦は要塞であり、17世紀の聖人サマース・ラムダスと関連があることで知られています。
  • 地区・地域
  • インド、マハラシュトラ州サタラ地区。
  • 歴史
  • サジャンガドは丘の砦で、今日では自動車用の道路でアプローチできるようになっています。これは十分に要塞化された構造であります。サマース・ラムダス・スワミに関連する様々な場所があります。ラムダス・スワミは、社会にスピリチュアリティを復活させるためにサマース宗派を設立しました。彼はいくつかのマーサを設立し、献身的で無私無欲、知的で道徳的に堕落していない宗派のメンバーを責任者に任命しました。彼はサジャンガドに数年間滞在し、最後の日々をこの砦で過ごしました。

    この砦は、13世紀にバフマニ王によって建設されたと言われています。その後、アディルシャヒ王朝の支配下に置かれました。この砦は、チャトラパティ・シヴァージ・マハラジと同時代の精神的な師匠とされるサントラムダ・スワミが最後に眠っている場所であります。アディルシャヒの後、ムガール人がこの砦を短期間征服したが、1663年にチャトラパティシヴァージマハラジが占領しました。その後、1818年にマラタ族が衰退するまで、この砦はマラタ族の支配下に置かれました。その後、インドの独立までは英国の支配下にありました。
  • 地理
  • サタラのウルモディダム地方の近くに位置しています。東にはアジンキャタラフォート、西にはチプルンの街、南にはコールハープルの街があります。
  • 天気・気候
  • この地域は年間を通じて高温半乾燥気候で、平均気温は19から33度です。

    4月と5月はこの地域で最も暑い時期で、気温は最高で42に達します。

    冬は極端で、夜間は最低気温が10になることもありますが、日中の平均気温は26前後です。

    この地域の年間降水量は約763ミリメートルです。
  • やれること
  • ゴダデ湖やソナーレ湖などの湖を訪れることができます。ラム神、ハヌマーン、アングライ・デヴィを祀った寺院もあります。また、砦にはモスクがあると言われています。また、サント・サマース・ラムダスの墓や休憩所もあります。砦には、チャトラパティ・シヴァージ・マハラジ・マハドヴァールとシュリー・サマルト・マハドヴァールという二つの入り口があります。
  • 近所の観光地
  • 周辺の観光スポットは以下の通りです。

  • ケラブリの滝 - 17.1 KM
  • トセガールの滝 - 12.8 KM
  • チャルケワディの風車群 -17.5 KM
  • アジンキャタラ-17.4 KM
  • バラモティチ・ヴィヒル - 29.6 KM
  • バンダン- 37.7 KM
  • 鉄道、航空、道路で観光地への到着の仕方・距離・所要時間
  • ムンバイからは270 KM、プネからは127 KMの距離にあります。隣接する都市からMSRTCバスや高級バスが運行されています。

  • 最寄りの鉄道駅はサタラ駅(21.7 KM)です。最寄りの駅はサタラ駅で、21.7 KM離れています。駅からはタクシーや自家用車をご利用いただけます。
  • 最寄りの空港はプネー国際空港で、距離は136 KMす。

  • 名物料理、特産物、ホテル
  • 名物料理は、地元のレストランで提供されるマハラシュトリアン料理だろう。砦のふもとには地元の屋台が並んでいます。
  • 近所の宿泊施設・病院・郵便局・警察庁
  • 周辺には様々なホテルやリゾート施設があり、宿泊することができます。

    •          最寄りの病院は、プライマリーヘルスセンター, パラリ(6.9 KM)です。

    •          最寄りの郵便局サタラ中央郵便局- 15.4 KM

    最寄りの警察署サタラ警察署 15.1 KM
  • 近所のMTDCレゾートの詳細
  • ホテルアリシャンリゾートは、4.9 KMの距離にあるMTDC認定の最も近いホテルです。
  • 訪問に関するルール・訪問の最高の月
  • 砦は午前5時に開き、午後9時には閉まります。

    入場料は、地元の人(インド人)は10ルピー、外国人は80ルピーです。

    10月から3月の間に訪れると、気温が18から22度まで下がるので理想的です。
  • 地域で会話できる言語
  • 英語、ヒンディー語、マラーティー語