• A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

アセットパブリッシャー

サンジャイガンジー国立公園

サンジャイ・ガンジー国立公園は、ムンバイの郊外に位置しています。面積は87平方キロメートルで、そのうち34平方キロメートルがコア保護区となっています。毎年、200万人以上の人々がサンジャイ・ガンジー国立公園を訪れています。この公園は、動植物と古代の歴史が融合したユニークな場所で、カンヘリー洞窟は国立公園の中心部に位置しています。

地区・地域
インド、マハラシュトラ州、ボリバリ・ムンバイ。

歴史
サンジャイ・ガンジー国立公園の歴史は古く、紀元前4世紀にまでさかのぼります。元々の名前はクリシュナギリ国立公園で、これはクリシュナギリ洞窟またはカンヘリー洞窟に由来しています。また、1870年にイギリス政府が建設したトゥルシー湖とヴィハール湖があります。これらの湖は、ムンバイの街に飲料水を供給しています。1950年、ボンベイ国立公園法に基づき、クリシュナギリ国立公園が設立されました。当初、この公園の面積は20.26平方キロメートルしかありませんでした。その後、1969年に酪農開発委員会が2076ヘクタールの土地を追加したことで、国立公園になりました。
現在では100平方キロメートル以上の森林を有し、ムンバイの国土面積の約20%を占めています。現在までに254種の鳥類、40種の哺乳類、78種の爬虫類・両生類、150種の蝶、1,300種の植物がこの国立公園に登録されています。また、トラやライオンのサファリも観光の目玉となっています。また、バタフライ・ガーデンやトイ・トレインやネイチャー・トレイルやキャンプやヘリテージ・ウォークなど、様々な体験ができ、一年中観光客を魅了しています。

地理
公園の入り口はボリヴァリ郊外にあり、北はサーン市まで広がっています。また、ムンバイ西部のゴレガオンやマラドやカンディバリやダヒサールや東部のバンダップやムルンドなど、他の郊外の地域も含まれています。都市の範囲内にある唯一の保護林であります。

天気・気候
この地域の特徴的な天候は降雨で、コンカン地帯では降雨量が多く(約2500ミリメートルから4500ミリメートル)、気候は湿度が高く暖かいままです。この季節の気温は摂氏30度にまで達します。

夏は高温多湿で、気温は摂氏40度にも達します。

冬は比較的穏やかな気候で(摂氏28度前後)、涼しく乾燥した気候が続きます。

やれること
- サンジャイ・ガンジー国立公園内にあるカンヘリー洞窟は、古代の岩を切り出した洞窟として知られています。この洞窟には、仏教建築の最高傑作があります。
- また、国立公園内の自然歩道やトレッキングも人気があります。
- 多くのロッククライミング愛好家が、カンヘリー洞窟で練習するために国立公園を訪れます。
- タイガー&ライオンサファリ
ボートやエンターテイメントのアクティビティ- サンジャイ・ガンジー国立公園内にあるカンヘリー洞窟は、古代の岩を切り出した洞窟として知られています。この洞窟には、仏教建築の最高傑作があります。
- また、国立公園内の自然歩道やトレッキングも人気があります。
- 多くのロッククライミング愛好家が、カンヘリー洞窟で練習するために国立公園を訪れます。
- タイガー&ライオンサファリ
ボートやエンターテイメントのアクティビティ。

近所の観光地
1. アーレイ・ミルク・コロニー (11 KM)
2. パウアイ湖 (18 KM)
3. アクサ海岸 (15 KM)

鉄道、航空、道路で観光地への到着の仕方・距離・所要時間
SGNPの入り口は、ムンバイ郊外のボリヴァリにあります。ローカル鉄道や道路でのアクセスも良好です。

最寄の駅ボリヴァリ駅(西鉄)(0.85 KM)。

道路ではムンバイを走るウエスタン・エクスプレス・ハイウェイが国立公園の入り口を通過します。ボリバリは、公共交通機関のバスやタクシーや民間の車でムンバイの他の地域とよくつながっています。

最寄りの空港チャトラパティ・シヴァージー国際空港 (16 KM)。

名物料理、特産物、ホテル
この公園には食堂がありますし、座って自分で食事をする場所もあります。自分の食べ物を持ち歩くのは、とても良い方法です。ムンバイにあるだけあって、公園周辺には様々な料理が揃っています。

近所のMTDCレゾートの詳細
近くにMTDCリゾートはありません。

訪問に関するルール・訪問の最高の月
公園の訪問時間は午前七時半から午後六時までです。雨季と冬季には、この場所は緑の魅力にあふれています。

地域で会話できる言語
英語、ヒンディー語、マラーティー語