Saoji - DOT-Maharashtra Tourism

  • A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

アセットパブリッシャー

Saoji

Districts / Region

サオジはヴィダルバ州、特にナグプール地方の名産品です。

Unique Features

サオジ料理は非常にスパイシーで、ほとんどが非菜食性であります。ハルバ又はハルバ・コシュティと呼ばれる共同体の食べ物であります。
  • Image
  • Image
  • Image

Ingredients and Short Recipes

ナグプールの代表的な料理と言われています。料理の味は、様々なスパイスによって得られています。トロッター(パヤ)、鶏肉、内臓を使い、多くのスパイスで煮込んだカレーがあります。これは、中央インドの地域固有の料理であります。そうでありながら、ハルバ又はハルバ・コシュティのコミュニティは、独特のスパイスの調合によって、マハラシュトラ州の文化的アイデンティティを作り上げてきました。32種類ものスパイスを使い、3種類の料理を作ります。一つはブクリ・マサラとして知られるもので、12種類の材料が使われています。カラ・マサラは20種類で、バトロとして生のガーリック、ジンジャー、クミン、オニオンが使われています。海老、魚、卵のカレー、チキン、ヤギ肉などをインドのフラットブレッドやライスと一緒に食べるのがポピュラーな料理です。
これらのレシピは、スパイシーなものからとても辛いものまで様々です。インド人は、辛くてスパイシーな料理の伝統で知られています。

History

スパイスとサヴジとして知られる調理法は、20世紀のCEにナグプール地域に導入されたと考えられていますが、料理は何世紀にもわたってハルバの中央インドのコミュニティで伝統を持っていたのです。

Cultural Significance

ハルバ又はハルバ・コシュティのコミュニティは中央インドに属し、ヴィダルバ地方に移住して、料理を通じて文化的アイデンティティを確立しました。それらのスパイスは、近年、料理の特産品として、また彼らの民族的アイデンティティとして認識されています。