• A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

アセットパブリッシャー

シンガッド

  • 観光地・場所の名前とその場所の34行の短い説明
  • シンハガットは、プネ市の南西に位置するサハドリのブレスワーラ山脈にある丘陵の砦です。元々はコンダナと呼ばれていました。
  • 地区・地域
  • インド、マハラシュトラ州プネ地区。
  • 歴史
  • シンハガドの丘の砦は、自動車で移動可能な道路からアクセスできます。砦には、北東と南東にそれぞれつの門があります。北東のプーナ門は、不安定な荒れ地を登った先にあり、シンプルなカルヤン門は、それほど困難ではない登り坂を登った先にあり、つの門で守られています。この砦には、タナジ・マルサレとラジャラム・マハラジの2つのお墓があります。ロクマンニャ・バルガンガダール・ティラクの記念碑、寺院があります。

    この砦は、1340年のムハンマド・ビン・トゥグラックによるマハラシュトラ州への最初の侵攻の際に、ナグ・ナイクという地元の酋長が、トゥグラックから砦を守るために非常に長い間勇敢に戦ったというような、多くの伝説的な出来事を目撃しています。

    この砦は、チャトラパティ・シヴァージ・マハラジ(マラータ帝国の創始者)によって征服されました。しかし、1655年に締結されたプランダール条約により、コンダナをムガル人に明け渡さなければなりませんでした。しかし、シヴァージ・マハラジはコンダナの砦を取り戻すことに強い意志を持っており、ムガル人との悪戦苦闘の戦いを開始しました。この戦いでは、主要な信頼できる将軍の一人であったタナジ・マルサレが、夜間に砦の急な斜面を登って砦を攻撃しました。マラーター帝国の勇敢な戦士たちは砦を攻撃し、砦を取り返したが、タナジ・マルサレは命を落とさなければなりませんでした。伝説によれば、この事件の後、チャトラパティ・シヴァージ・マハラジはこの砦を「シンガド」と改名したという。しかし、歴史的にはそれは真実ではありません。マラーターとムガルの間で行われたシンハガドの戦いは、今でもマハラシュトラ州の口承によって、マラーターの戦士とサブヘッダー・タナジ・マルサレの勇敢さが語られています。

    18世紀初頭にプネ周辺でペシュワが台頭するまで、ムガルはこの砦をマラタから再び獲得しようとしていました。シンハガドは、マラーターの支配が終わり、1818年にイギリスがインドを支配するようになるまで、マラーター帝国に属していました。
  • 地理
  • 砦は海抜1,312メートルで、サハドリー山脈のブレシュワーラ山脈にあります。急な斜面になっています。この砦は現在、道路で簡単に近づくことができます。
  • 天気・気候
  • この地域は、年間を通じて高温半乾燥気候で、平均気温は19から33度です。

    4月と5月は最も暑い季節で、最高気温は42℃に達します。

    冬は極端で、夜には気温が10℃まで下がることもありますが、日中の平均気温は26℃前後です。

    この地域の年間降水量は約763ミリメートルです。この地域は、年間を通じて高温半乾燥気候で、平均気温は19から33度です。

    4月と5月は最も暑い季節で、最高気温は42℃に達します。

    冬は極端で、夜には気温が10℃まで下がることもありますが、日中の平均気温は26℃前後です。

    この地域の年間降水量は約763ミリメートルです。
  • やれること
  • 砦の頂上に行くには、つの方法があります。つは、個人のペースに合わせて、登りに1から2時間、下りに1から2時間かかるトレッキングです。もうつは、車で20から30分かけて砦の頂上まで行く方法です。砦内には以下のような場所があります。

    1.         カルヤン・ダルワジャ

    2.         プネー・ダルワジャ

    3.         タナジ・マルサレのお墓

    4.         ハヌマーン寺院

    5.         崖は「ケイド・ロット」として知られています。

    6.         ロク・マニャ・ティラクの記念碑

    7.         7.         チャトラパティ・ラジャラム・マハラジの「お墓」。

    8.         デヴタキー

  • 近所の観光地
  • シンハガット周辺の観光スポットは

    1.         クルシュナイ・ウォーターパーク(9.1 KM

    2.         カダクワスラダム (16 KM)

    3.         ISKCON寺院 (29 KM)

  • 鉄道、航空、道路で観光地への到着の仕方・距離・所要時間
  • プネー市の本土からシンハガットまでの距離は37.7KMです。プネ市からシンハガットまでは、道路で約1.5時間がかかります。

    シンハガットに最も近い空港はプネ国際空港です。(40.1 KM)

    シンハガットに最も近い駅はプネー駅(31.8 KM)で、その後は道路でシンハガットまで移動します。

    シンハガットには道路でアクセスでき、車で行くことも、タクシーを予約することも、バスサービスを利用することもできますので、砦の麓まで行くことができます。
  • 名物料理、特産物、ホテル
  • 名物料理は、砦の上で食べる伝統的なマハラシュトリアン料理です。ピスル・バクリやカンダ・バジ(パコダ)やバタタ・バジやヴァーダやザチャやバンギャチェ・バーリット(ネガス)などが主なものです。
  • 近所の宿泊施設・病院・郵便局・警察署
  • 砦内には宿泊施設はありません。砦内には基本的な衛生設備が整っています。しかし、砦の周りには小さな食堂があり、そこではまともな食事をとることができます。

    砦の中には病院や警察署はありません。

    最寄りの警察署はケッド・シバプール警察署です。(14.1 KM)

    最寄りの病院は、サンジバニ病院です(26.8 KM)。
  • 近所のMTDCレゾートの詳細
  • 最も近いリゾートはMTDCパンセトです。(29.7 KM)
  • 訪問に関するルール・訪問の最高の月
  •  夏場の高温は避けてください。

    -この砦を訪れるのに最適な時間は、午前5時から午後6時までです。日没後に砦を降りるのは、急な坂道があるので危険かもしれません。

    - 砦をトレッキングする場合は、スポーツシューズやトレッキング靴を履くことをお勧めします。また、モンスーンの時期にこの砦を訪れる際には、雨具の他にもう一枚服を持っていた方が良いでしょう。
  • 地域で会話できる言語
  • 英語、ヒンディー語、マラーティー語