Sitafal - DOT-Maharashtra Tourism

  • A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

WeatherBannerWeb

アセットパブリッシャー

Sitafal

Districts / Region

インド、マハラシュトラ州、ビード地区、ダルール・タルカ。

Unique Features

アウランガーバード・シタファルは、カスタードアップルとして知られています。2014年にGI(地理的表示)マークを取得しました。
  • Image
  • Image
  • Image

Ingredients and Short Recipes

カスタードアップルは乾燥地における重要な果実作物で、アメリカの熱帯地方が原産です。 アウランガーバード地区では、2603ヘクタールの面積でカスタードアップルが栽培されています。地区、Tehsil、村、カスタードアップル生産者の選定には、多段抽出法を用いました。

ヴァサントラオ・ナイク・クルシ・ビダペート・マラトワダはカスタードアップルを研究し、マラトワダ、特にアウランガーバードで商業作物として地元農家に普及さ せました。

カスタード・アップルはここから世界各地に輸出されています。ビードは、部分的に艶のある皮と質感を持つふっくらとした丸い外見など、熟成後の果実の重要な特徴を持つシタファルで特に有名であります。内側は滑らかでビロードのような質感で、白や黄色を帯びています。この地域には、この果実をベースに開発された様々な製品があります。

History

インドの中世にまでさかのぼる証拠に、カスタードアップルまたはシタファルは、アイン・イ・アクバリに記載されており、人体を冷やす性質があることからその名が付けられたという。シタ」は文字通り冷たいという意味で、「ファル」は果物を意味します。カスタード・アップルは、ポルトガルやスペインの商人がインドに持ち込んだと言われています。しかし、この果実はデカン高原地帯でよく育ったという証拠があります。

Cultural Significance

カスタード・アップルはアウランガーバード地域で重要な果物となっており、近年、地元住民の間で人気を博しています。