• A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

アセットパブリッシャー

ラジブガンジー動物園

ラジブ・ガンジー動物園とカトラジ動物園は、インドのマハラシュトラ州プネー県カトラジにある動物園で、プネー市が運営・管理しています。この130エーカー(53ヘクタール)の動物園は、動物の孤児院やヘビの公園や動物園の三つのセクションに分かれています。また、42エーカー(17ヘクタール)のカトラジ湖も含まれています。

地区・地域
カトラジ・プネー・マハラシュトラ州

歴史
1953年、プネー市は1770年にマダヴ・ラーオ・ペシュウが個人的に動物園を設立した約7エーカー(2.8ha)の土地に公ペシュウ園を建設しました。この動物園は、プネー市の中心部、パールバティの丘の地下に位置し、伝統的な檻の中に動物を展示しています。1986年、初代園長のニーラム・クマール・カエレは、プネー市の協力を得て、カトラジ・スネーク・パークを陸上に移し、ラジブ・ガンジー動物園としました。
1997年、インド中央動物園局のガイドラインに沿って、より近代的な動物園を作るために、自治体はカトラジの土地を選び、別の動物園の育成を始めました。この動物園は、1999年に「ラジーヴ・ガンジー動物園・野生生物研究センター」として開けました。当初は爬虫類園やサンバーやスポテッド・ディアやサルなどがいました。2005年までがかかって、ようやくペシュウェ公園の動物たちがすべて新敷地に移され、ペシュウ公園は閉鎖されました。
ペシュウ公園には、怪我をした動物や孤児のためのレスキューセンターも併設されています。2010年10月からは、動物の里親制度を実施しています。

地理
この公園は、ペシュワ時代のカトラジ湖のほとり、プネー・サタラ高速道路沿いにあります。

天気・気候
気候はモンスーンで雨が多く、冬は涼しくて湿度が高いです。

やれること
動物園には、爬虫類や哺乳類や鳥類のコレクションがあります。哺乳類では、ホワイトタイガーとベンガルタイガー(オス)がいます。その他の哺乳類では、ヒョウやナマケモノやサンバーやホエジカやブラックバックやサルやゾウなどがいます。爬虫類では、インディアンロックパイソンやコブラやヘビやクサリヘビやインディアンクロコダイルやインディアンスターリクガメなどがあり、クジャクなどの鳥類もいます。
スネークパークには、ヘビや爬虫類や鳥類やカメなどが数多く集められています。ヘビの種類は22種以上です。その中には、全長13フィートのキングコブラも含まれています。ヘビに関する情報は点字でも提供されており、ユニークな目的地となっています。ヘビパークでは、ヘビに対する疑問や不安を解消するために、多くのヘビ・フェスティバルやヘビに関する啓発プログラムを開催しています。また、ナグ・パンチャミの時期には、ヘビの虐待を防止するためのプログラムを用意しています。2017年4月、動物園はアジアのライオンのペアを獲得し、その後、動物園への訪問者数が大幅に増加しました。

近所の観光地
カトラジの近くにはたくさんの場所があります。
1. シンハガット砦
2. ダグドゥシェト・ハルワイ寺院
3. シャニワールワダ
4. サラス・バウグ

鉄道、航空、道路で観光地への到着の仕方・距離・所要時間
パークはプネー市から8KM、カトラジ・ バス停の近くにあります。PMPMLのバスはスワルゲートから入手できます。また、カトラジの酪農場も近くにあります。プネー国内空港が近くにあるので、空路で移動することもできます。電車のルートも近くにあります。シバジ・ナガーまたはプネーの駅で乗車できます。

近所のMTDCレゾートの詳細
そのようなMTDCリゾートはありません。

訪問に関するルール・訪問の最高の
午前八時から午後六時までは訪問のタイミングです。冬と夏がお勧めの季節です

地域で会話できる言語
マラーティー語、ヒンディー語、英語