• A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

アセットパブリッシャー

ティペシュワー(ヤバトマル)野生生物保護区

ティペシュワル野生生物保護区は、マハラシュトラ州の孤立した国立公園であるヤヴァトマル地区にあります。この保護区は、ナグプール森林保護官の指導のもと、ペンチ国立公園の森林保護官によって管理されています。保護区の中には多くの村があり、地元の人々は日々の生活をこの森に頼っています。

地区・地域
保護区は、マハラシュトラ州ヤヴァトマル地区のパンダルカワダ・テシルにあります。

歴史
この聖域は、森の中にあるティパイ女神の寺院にちなんでティペシュワールと名付けられました。聖域内には、ティペシュワーラ、マレガオン、ピタプンガリという三つの村があります。プルナ、クリシュナ、ビーマ、タプティといった多くの川が、あらゆる角度から保護区を灌漑しています。これらの河川からの豊富な水量により、南マハラシュトラ州のグリーンオアシスとして知られています。

ティペシュワーラは、その面積の小ささにもかかわらず、トラの保護とトラ・ツーリズムの中心地として急速に台頭してきています。この保護区ではトラの目撃例が比較的多いため、ハイデラバードやテランガナ州の他の地域の野生動物愛好家の間で人気があります。森は印象的で、トラ発見の可能性を秘めています。
ティペシュワーラ・ワイルドライフ・保護区には、6種類の希少な爬虫類が生息しています。この地域では、46の鳥類分類に属する182種以上の鳥類が生息しています。また、クジャクをはじめとする希少な鳥類が85種生息しています。公園には、25種の哺乳類、125種の鳥類、22種の両生類と爬虫類が生息しています。ベンガルタイガーやヒョウ猫やナマケグマやインドヒョウやインドバイソンやインドオオリスなどがこの保護区に生息する動物種です。ティペシュワル野生生物保護区には、年齢や大きさの異なる約20頭のトラが生息しています。

地理
この保護区は、148.63平方キロメートルの広さがあり、植物が豊富に生息しています。ここはかなりの丘陵地帯であり、起伏に富んでいるため、標高に応じて様々な種類の植生が見られます。北はアムラバティとワーダ地区、東はチャンドラプール地区に囲まれています。東にはチャンドラプール地区です。南はアンドラ・プラデシュ州とナンデット県、パルバニ県とアコラ県に囲まれています。

天気・気候
この地域の気温は一年を通して非常に快適です。乾燥した落葉樹林で、最高気温は4℃、最低気温は7℃で、平均気温は28℃です。その雨量は平均1000分。雨の日は約100日あります。

やれること
ティペシュワル野生生物保護区では、アニマルサファリやジープサファリなどの息を呑むようなアウトドア・アドベンチャー・アクティビティを提供しています。予約はオンラインで行うこともできるし、野生生物保護区へのサファリ旅行の予約のために地元のツアーガイドの助けを借りることもできます。森を訪れるには地元のタクシーを利用することもできるし、地元のガイドと一緒に自分の車を運転して訪れることもできます。
スンナやマタニやコドリの三つのゲートがあります。スンナはパンダラーカワダから7KM、マタニはパンダラーカワダから23KMです。コドリゲートは、マハラシュトラ州とテランガナ州の国境検問所から2KMです。

近所の観光地
この保護区は、ナグジラ国立森林公園やタドバ-アンドハリ・タイガー保護区やバムラガル野生生物保護区やチャプララ野生生物保護区やナベガオン国立公園やペンチ国立公園やボル野生生物保護区やパインガンガ国立公園など、他の多くの広域野生生物保護区に囲まれています。したがって、これらの保護区のトラは、一般的にティペシュワーラ・ワイルドライフ・フォレストに生息しています。
森の他にも、ティペシュワーラはいくつかの滝や美しい貯水池に囲まれています。
近くのその他の訪問先 -
チンタマニ・ガンパティ・マンディール
ロウアーパス・ダム。

鉄道、航空、道路で観光地への到着の仕方・距離・所要時間
飛行機

ドクター・ババサヘブ・アンベードカル国際空港(ナグプール)(172 KM)。

電車で
アディラブ駅(南-中央線)。

道路で
パンダルカワダからティペシュワール保護区(35 KM)、ヤヴァトマル(61  KM)から、ハイデラバードから車で5時間30分です。

名物料理、特産物、ホテル
周りには美味しい家庭料理が並んでいます。ベジ料理もノンベジ料理もあります。高速道路の近くにはダバがあります。

近所の宿泊施設・病院・郵便局・警察署
保護区には、英国時代の小さなレストハウスがあります。また、この場所では、自然観察のための読書・学習センターも始まっています。夏はエアコン、1月の一桁台の寒い夜はヒーターで快適に過ごせるテント式のコテージもあります

近所のMTDCレゾートの詳細
最も近いMTDCホテルはワーダにあり、ボル・ダムの近く、約151KM離れています。

訪問に関するルール・訪問の最高の月
公園は7.00 AMから10.00 AMと3.00 PMから6.00 PMにゲストのためにそのゲートを開きます。ティペシュワーラの予約入場料は一人30ルピーで、旅行にはジプシーや自家用車で150ルピーかかります。観光ガイドを雇うことが義務付けられています。彼らはサファリごとに300ルピーを請求します。
ティペシュワールの森の最高の季節は10月から2月です。

注意:夜行性の動物は昼間は寝ていることが多いので、特に昼間は動物に迷惑をかけないように。

地域で会話できる言語
英語、ヒンディー語、マラーティー語