Tribal culture - DOT-Maharashtra Tourism

  • A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

WeatherBannerWeb

アセットパブリッシャー

Tribal Culture

Districts / Region

マハラシュトラ州には、何世紀にもわたっていくつかの部族が居住してきました。マハラシュトラ州には、パルガー、ガディローリなど、いくつかの部族地域が存在しています。北コンカン、カンデシュ、ヴィダルバには、部族文化で知られる部族地帯があります。

Unique Features

マハラシュトラ州には、ビルス族とゴンド族という2つの部族民族がいます。これらの民族は、その中に多くの部族を含んでいます。マハラシュトラ州西部の部族は、主にコンカンのナンダルバルとカンデシュ、パルガール地区の周辺に集中しています。一方、マハラシュトラ州東部では、中央インドの部族帯に属する部族が、マハラシュトラ州のチャンドラプル、ヴィダルバ、ゴンディアなどの地区に集中しています。
ワルリ、デダ、ドゥバラ、コンカナ、マハデブ・コリなどはビル・グループに属する重要な部族で、マハーラーシュトラ州西部に見られます。ゴンド族の様々なサブグループとプラダン、コラムは、ヴィダルバのゴンド族グループを代表する部族の一部で あります。
部族の衣装はシンプルで、環境だけでなく彼らの生業に適応しています。ドーティや パンツのようなシンプルな力強い衣服が一般的であります。通常、貧困のため、彼らの多くは精巧なドーティなどを持つことができない。女性はサリーを着るが、これは都市部や農村部の女性が着るサリーより丈が短い。主に下衣として着用し、上衣はブラウスのように着ることもあります。
部族は独特の装飾品で知られています。これらは主に銀、銅、テラコッタ、花、ビーズ、貝殻などで作られています。部族は社会宗教的な意味を持つ刺青で体を飾ります。

Cultural Significance

部族の衣装、装飾品、入れ墨は文化特有のものであります。それぞれの社会的・宗教的背景に応じて変化します。また、一族の伝統だけでなく、その民族のアイデンティティも維持されています。しかし、最近では、都市の影響により、そのようなことはなくなりつつあります。
  • Image
  • Image
  • Image
  • Image