• A-AA+
  • NotificationWeb

    Title should not be more than 100 characters.


    0

アセットパブリッシャー

ヴィールマータ・ジジャバイ・ボンサレ

ヴィールマータ・ジジャバイ・ボンサレー・ウディアンは、ビクルラ動物園とも呼ばれ、以前はビクトリア庭園と呼ばれていました。ムンバイでは最も古い公共の庭園です。インド独立後、マラタ族の支配者チャトラパティ・シヴァージ・マハラジの母親であるジジャマタにちなんで命名されました。

地区・地域
インド、マハラシュトラ州、ムンバイ、ビクルラ

歴史
1835年、英国政府はセウリの広大な土地を西インド農業園芸協会に提供し、ヴィクトリア女王にちなんでヴィクトリア・ガーデンと呼ばれる植物園を建設しました。その後、この土地はヨーロッパ人用の墓地として利用されました。1861年には、マズガオンのマウント・エステート(現在はバイクラに含まれる)の33エーカーの土地で、別の庭園の開発が始まりました。この新しい庭園には、セウリ庭園の動植物が移されました。ヴィクトリア・ガーデンは、1862年11月19日にレディー・フレアによって一般市民に正式に公開されました。1890年、この庭園は動物園のために15エーカーの土地に拡張されました。

地理
ジジャマタ・ウディヤンは52エーカーの敷地に広がり、ムンバイの中心に位置しています。
この地域の天候の特徴は降雨で、コンカン地帯では降雨量が多く(約2500ミリメートルから4500ミリメートル)、気候は湿度が高く暖かいままです。この季節の気温は摂氏30度にまで達します。

夏は高温多湿で、気温は摂氏40度にも達します。

冬は比較的穏やかな気候で(摂氏28度前後)、涼しく乾燥した気候が続きます。

やれること
約853種の植物、3,000本以上の樹木や野生動物や鳥類など、さまざまな動植物が生息しており、53エーカーの広大な敷地には、市内唯一の「遺産」である植物園があります。動物園には様々な動物が新たに収容され、様々な植物も生息しています。フンボルト・ペンギンは、この動物園の重要なアトラクションです。ジジャマタ・ウディヤンは52エーカーの敷地に広がり、ムンバイの中心部にあります。

近所の観光地
多くの歴史的な場所を訪れることができます。
1. お医者バウ・ダジ・ラドの博物館(1.5 KM)
2. グロリア教会 (0.5 KM)

鉄道、航空、道路で観光地への到着の仕方・距離・所要時間
空路:最寄りの空港はチャトラパティ・シヴァージ・マハラジ国際空港(19KM)です。

鉄道利用:最寄りの駅はバイクラ駅(中央鉄道)ですが、西部鉄道ルートを利用すれば、ムンバイ中央駅からタクシーで10から15分程度で到着します。

道路:ムンバイやマハラシュトラ州内の道路はすべてこの場所につながっています。

名物料理、特産物、ホテル
動物園内には食堂があり、アイスクリームやサモサなど様々な食べ物が用意されています。

近所のMTDCレゾートの詳細
MTDCのリゾートはありません。

訪問に関するルール・訪問の最高の月
午前八時から午後五時までは、この動物園の訪問時間です。夏と冬の季節が最も良いでしょう。

地域で
英語、ヒンディー語、マラーティー語